GameLog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP200前後サポート仲間のみでも可能!ネクロバルサの討伐方法

ネクロバルサ

No133特訓モード開放クエストで討伐対象になっているネクロバルサがとてつもなく強くて自分も悩まされたものです。スクリーンショットに写っている姿が恐ろしい。イカツイ!!

個人的なプレイスタイルですが、基本ソロ(サポート仲間を雇っている)プレイ。たまに気まぐれに、そこら辺でプレイヤーと仲間を組んだりもするけど。
なので、ネクロバルサもソロプレイで倒しています。初めは何度も負けてどうにもこうにもこのクエストクリア出来るの?!な状態だったけど、最近は自分の中で戦略ができてきて負けることはまず無くなっている。

自分と同じ状況でパーティプレイではなくソロでと言う人。おまけにHP低いんです。倒せない!という人の為に自分の戦略を書いておきます。続きからどうぞ

なぜネクロバルサは強いのか



なぜネクロバルサは強いのか。それは攻撃力の高さ?いえいえ。ではHPの高さ?いやいや。防御力?そうじゃない。使ってくる魔法だと自分は思っている。正直自分自身のHPは200前後で十二分だ。要は一発即死じゃなければ何とかなる。(サポート仲間は選べるのでできるだけHPの高い人を選ぶと良いと思います。そのことに関しては後で書きますが)では一体何が強いのかと言うと。使用してくる呪文だと自分は思っている。ネクロバルサが使用する呪文は

  1. バイキルト

  2. ジゴデイン

の二種類だ。この二種類がどうやばいのかというと。バイキルトで攻撃力が二段階上がれば、受けるダメージは300近くになる。通常の攻撃力ならまだしも、さすがにここまで攻撃力が高いと辛い。一方ジゴデインは全体に300近いダメージを与える協力呪文だ。こっちも自身のパーティのHPが減っている状態で使用されると一発全滅になりかねない。
つまり、この2種類の呪文を何とかしない事にはちょっとサポート仲間では勝てそうにない。サポート仲間はジゴデインの被害を最低限に抑えようとしない。運が良くない限り全体に直撃する。

こういった理由からネクロバルサは強い。

倒すための戦略を練ろう



どうやら、力任せでは勝てそうにない(自分が力任せで安定して勝てる方法を知らないだけかもしれない)ので戦略を練る必要がありそうだ。

ここでは自分の戦略を書くけど、参考にして別の方法を考えて倒してくれてもいい。自分なりの方法を考えて倒すのも楽しいです。

魔法使いを薦める


まず、呪文を何とかしたいので魔法使いでマホトーンをしてしまうのは有効だ。自分が魔法使いを主に使用しているのでこれしか思いつかなかったというのもある。多分他の誰かも同じようにマホトーンを使用しているんじゃないだろうか?多分だけど。
マホトーンを使ってしまえばバイキルトとジゴデインをほぼ封じたも同然。敵は通常攻撃と封じられているのにも関わらず魔法を唱えようという行動をとる。これは美味しい。

では、バイキルト無しの攻撃力はどうなのか?というと自身の防御力にもよるだろうけど、200前後のダメージを受ける。(大体です、はっきり調べてはいません。自分はそれくらい受けます。守備力177です。目安にどうぞ)
HP200前後であれば即死なのでヘナトスを2回使用して相手の攻撃力を下げて置くと180前後程度のダメージで済むようになる。回復役に僧侶は居たほうが良いので僧侶が入ればスクルトを唱えてくれるので、そうなれば160前後程度までダメージを抑えることも出来る。

マホトーンとヘナトスの呪文にとても依存している戦略の為、操作キャラクターは魔法使いを強く勧める
マホトーンは効果が切れるのが早いからね。

回復役を2人用意する



回復役といってもベホイミを使えれば良いというわけではない、今回ではザオラルを使えるかどうかで判断してほしい。そうなると、僧侶かレンジャーの二択になるのでどちらも入れてしまう。自分は僧侶とレンジャーを一名ずつ入れた。僧侶二名でも良いと思う。レンジャー二名はあまり良くない。回復魔力が高い僧侶を入れたほうが安定するからだ。

ところで、「ザオじゃだめなの?」それなら色々と万能な旅芸人も使えるのに。と疑問だが、ザオだとHP1で復活する上に、成功確率がザオラルより低く、例えば魔法使いが戦闘不能且つ敵のマホトーンが切れているなんて最悪の情強で蘇生失敗なんていう事態は出来れば避けたい。なのでザオが使える旅芸人よりもザオラルが使える僧侶やレンジャーを採用した。
HP1で復活するかHP25%で復活させるかというのも重要だ。できるだけ早く、復活した仲間のHPは満タンにしたい。なので少しでも、復活時にHPが多く回復した状態のほうがありがたいというのもある。

自分は僧侶とレンジャーなのだが、それは何故かというと魔法使いが攻撃のベースだけだとちょっと時間がかかるからだ。魔法使いはマホトーンにヘナトスと忙しいし、おまけにHPも低いので少し油断をすると戦闘不能状態ということもしばしば。なので他に攻撃する要因が居てくれればなと思い、回復と攻撃も出来るレンジャーという選択になった。

そうなってくると、回復が頼りないのでは?そういう人は僧侶二名でいいんじゃないかな?実際かなり安定すると思います。僧侶3名魔法使い1名でも良いと思う。

最悪の事態を防ぐために



最悪の事態とは一体何かというと。先程も書いたが、魔法使いが戦闘不能状態で敵のマホトーンが切れている。ほかにも色々考えられるのでリストにしてみる。


  • 魔法使いが戦闘不能状態且つマホトーンが切れている

  • 魔法使いが戦闘不能状態且つマホトーンが切れている状態でジゴデインを唱えられる

  • 魔法使いが戦闘不能状態且つマホトーンが切れている状態でバイキルトを使われる

  • 魔法使いが戦闘不能状態且つマホトーンが切れている状態でジゴデインを唱えられ更にバイキルトを使われる。バイキルトとジゴデインの手順が逆でも同じ

  • マホトーンを連続でミスをする。(5連続ミスなんてこともある)その間にジゴデインやバイキルト

  • 戦闘開始時に魔法使いが狙われて一発で戦闘不能状態になり、ザオラルが失敗且つその間にジゴデインやバイキルト



最悪です。考えただけでも逃げ出したくなる。そう。逃げてた方がいい。特に戦闘始まって魔法使いがマホトーンを唱えるまでに戦闘不能になり、ジゴデインやバイキルトを唱えられた場合など、すぐに逃げてた方がいい。
逃げて体制を整えた方がMPの無駄にならなくていい。そしてもう一度リベンジした時に不意打ち出来れば更にいい。
逃げるのも戦略の1つだ。別に逃げたらダメなことなんかない。逃げたほうが有利になることも多い。しかし、戦闘も終わりに近づいてきた。でもヤバい!逃げないと。確かに逃げるのは嫌だ。そこで最後の一人を使います。
要は、逃げなくても体制を整える時間があれば良いということなので。相手の動きを止めることが出来る職業を使います。

相手の動きを封じる



自分はスーパースターを使っている。メイクアップからの「見とれさせる」が美味しいからだ。メイクアップしなくても「見とれさせる」確率がまあまあある。それから、スーパースターのボディガード呼びが中々良い。最悪の事態を防ぐことが出来る。例えば、ジゴデインを唱えられた時ボディーガードが入れば戦闘不能にならずに済む。更に僧侶やレンジャーが一人でも生き残っていてくれればそこで何とかなる。生き残りが二人入れば、スーパースターが生き残っていれば、「見とれさせる」で時間稼ぎも期待出来るからだ。おまけにベホイミも使用でき役にたってくれる。

あまり期待はできないけど、ラリホーマで眠らせる事もできる。本当にこれは期待出来ないので、そうなんだ程度に留めておいてほしい。サポート仲間では眠らせても直ぐに起こしてしまうのであまり意味が無いからだ。

ところで、クモノなどの呪文は有効なんだろうか?試していない。そうなれば盗賊も使える。

ネクロバルサは、ボケも有効だったり結構動きを止めたり出来る。ボケやラリホーはあまり期待してはいけないけど。「見とれさせる」も期待してはいけないんじゃない?と思うが、結構「見とれさせる」が成功するのでこっちは期待できる。
もちろん毎回ではないので注意は必要だが、その程度であっても十分だ。

呪文を封じて敵の動きも封じれればもう勝てても同然。

サポートを雇う時に注目するべきステータスは?



このクエストを受けているということは自身のレベルが50以上なので、とにかくHP300超のキャラクターを雇うと良い。200後半でも良い。でもサポート仲間は選べるのでじっくり選んでほしい。選んでいたら先に取られたなんてことがあったら、まぁそこは諦めてください。別に狙っていた人を取られたからといってネクロバルサに勝てなくなるわけでもない。

僧侶の場合は、HP300前後、回復魔力も300近くのキャラクターを。攻撃力などは0でもいい(0はないけど)。

レンジャーの場合は、HP300前後、回復魔力は100以上あれば良い。回復係に回したいのなら、僧侶を薦める。攻撃にも参加させたいなら斧レンジャーを薦める。攻撃力は250以上のキャラクターを選ぶと良いと思う。

スーパースターの場合は、おしゃれさ400近くのを見つけよう。オーラスキルを習得しているキャラが良い。メイクアップはやっぱりあると頼もしい。ボディーガード呼びはもっと頼もしい。

魔法使いの場合は、自分自身でプレイしてほしい。マホトーンが解けないように最新の注意を払いながら、ヘナトスも同様に。それから魔力覚醒が使えなくてもいい。いわゆる覚醒魔と呼ばれているタイプの魔法つかいだ。
なぜなら、自分が覚醒魔ではなく、暴走魔法陣と早読みの杖で戦う昔のスタイルだからだ。今は魔法戦士が登場し魔力覚醒と暴走魔法陣どちらも使えるなんていう魔法使いも居るけど、暴走魔法陣と早読みの杖があればそれでいい。というか暴走魔法陣すらいらない。最低限早読みの杖があって、マホトーンとヘナトスと攻撃用の呪文があればそれで勝てる。

最後に



自分自身の魔法使いのキャラクターのHPが206でおまけに暴走魔法陣を使うちょっと前のタイプの魔法使いだけどネクロバルサには安定して勝利できる。ようは戦い方だ。戦略を練ればなんとかなってしまう。
勝てない人は是非参考にして戦ってみてください。同じ戦略でも初めは勝てないかもしれないけど、慣れさえすれば必ず勝てる。

ところで、まだクエストアイテムがドロップしてくれないんだけど。個人的に一番の強敵はドロップ率だと思う。
20回程度戦えばいいらしいけど、1回1回が長くて連続で戦うのも辛いので、時間がかかる。だから一番の強敵はドロップ率。
関連記事

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック

URL
http://vaisu0.blog3.fc2.com/tb.php/132-57969686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

vacasu0

Author:vacasu0
FC2ブログへようこそ!

ヴァイスです。
ゲームのプレイ。WEBページ作り。クロスバイクで、どこかに出かける。奇術。が好きです。
このブログはゲームプレイのメモや攻略方法に関して書いていくつもりです。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。